薬とグラスを持っている人

高血圧になると血管にストレスがかかり、血管がぼろぼろになり、脳卒中中や心筋梗塞など合併症が起きてしまいます。
そこで、この高血圧や心筋梗塞や脳卒中を治療する薬としてアダラートが開発されました。
カルシウムは、骨の成分として有名で、身体の仲のカルシウムの99%は骨にありますが、残りの1%のカルシウムは、脳の記憶や運動機能の調節に使われています。
血管の収縮にもカルシウムが関係しており、血管にはカルシウムが入ってくるための受容体があり、カルシウムが入ってくると血管は縮まります。
血管が収縮すると、血圧が高くなり、高血圧の症状が悪くなったり、血液の流れが悪くなり、損金梗塞の可能性が高くなったりします。
そこで、カルシウムが流れ込む受容体を阻害すると、血管収縮が抑えられ、血管が拡張されます。
そこで、血圧が下がり、血液の流れが良くなります。

このような働き方をする薬をカルシウム拮抗薬と呼び、アダラートはカルシウム拮抗薬です。
アダラートは、脳や心臓や腎臓のなど全身の血管を拡張させます。
その中でも心臓に栄養を送る血管に対して効果があります。
ただ、アダラートを飲むと急激に血液中の濃度が上がり、血管が拡張して顔面紅潮や頭痛が起きる場合がありました。
薬の有効成分をゆっくりと放出させ、1日2回の服用でよく副作用を減らす薬アダラートLが開発されました。

さらにここから副作用をもっと減らし、血圧降下作用を緩やかにし、1日1回飲めば良いように改良されたのがアダラートCRです。
この薬によって、24時間、薬の効果を持続させることができるようになりました。
このように何度も薬を改良して副作用を減らし、より使いやすい薬を開発してきたのがアダラートなのです。

記事一覧
薬と水のグラスを持つ男性

高血圧になると血管に大きな負担をかけてしまい、それが原因で血管がボロボロになり、動脈硬化、心筋梗塞、...

薬を飲む女性

妊娠するとお腹の赤ちゃんへの影響を考えて、薬の服用は禁忌とされることが多くなります。 高血圧の治療に...

アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索